5Gの幕開け

新元号「令和」も始まり、通信技術も2020年にいよいよ新世代「5G」が幕明けをします。
現在日本で主流なのは第4世代、いわゆる「4G」ですが5Gとは第5世代(5th Generation)無線移動通信技術の略称です。
おさらいではありますが、4Gと5Gの違いが以下になります。

通信速度(最大理論値)は20Gbpsで4Gの最大20倍になり通信速度が向上し遅延も1/10に減らすことが可能です。簡単に言うと自宅などの光回線(有線)よりも5G対応スマホで無線通信するほうが早くなると言う事です。
2020東京オリンピック・パラリンピックでは4Kや8Kなどの超高画質な動画を放送しますので新世代「5G」の開始に向かって3大通信会社各社もサービス提供開始に向けて躍起になっています。
今までは実現出来なかった機能や新たな機能を携えた通信機器が私たちの生活を直接的、間接的に便利にしていく事が期待出来ます。

以下は私たちも体験してきた無線移動通信技術世代別ヒストリです。

このヒストリで分かるように2G/3G/4G「平成世代」は飛躍的に通信技術が向上した30年でした。
同様に数十年後を想像すると「令和世代」の通信技術の発展にも期待が高まります。

戻る