第26回 「マイナンバーの通知が開始されます。」の紹介

今、マイナンバーの制度について上戸彩さんがナビゲータとなった、TV-CMが流れていますが、皆さんご存じですか。
 
マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)は、平成28年(2016年)1月から社会保障、税、災害対策の分野で開始する新たな制度のことです。
行政の効率化や国民の利便性の向上、公平かつ公正な社会を実現する社会基盤(インフラ)として活用されます。
具体的には、「医療保険の保険料徴収」や「福祉分野の給付」などでマイナンバーを利用することになります。
 
そのマイナンバー(12桁からなる個人番号)は、平成27年(2015年)10月から、住民票を有する国民一人ひとりに対し、通知が開始されます。
通知は、市区町村から住民票に登録されている住所あてに届けられるとのことです。
その番号は生涯にわたって利用することとなりますので、通知漏れがないよう、住民票と異なるところに住んでいる場合は、現在住んでいる市町村に住民票を異動する必要があります。
 
この制度は、国民の利便性の向上をひとつの目的にかかげていますので、是非、皆さんこの制度に興味を持たれて、活用して頂きたいと思います。
 
詳しくは、ウェブサイト「政府広報オンライン」のマイナンバー特集ページで、情報を公開していますので、ご覧下さい。

http://www.gov-online.go.jp/tokusyu/mynumber/

郵便箱

戻る