災害時の無料公衆無線LAN(Wi-Fi)利用に注意

大規模災害時に被災者等がインターネットに接続できるよう、通信事業者等が公衆無線LAN(Wi-Fi)のアクセスポイントを
無料で開放する「00000JAPAN」(ファイブゼロジャパン)が、安否確認や情報収集等の手段として提供されています。

但し、利便性を確保するため通信は暗号化されておらず、通信内容の盗聴や偽のアクセスポイントを用いた情報の窃取が
行われる可能性があります。

利用時は、緊急時の安否確認や情報収集にとどめ、個人情報やID・パスワード・クレジットカード番号の入力等は
極力避けてるようにしてください。

やむを得ず個人情報等を入力する場合は、アドレスが「https://」で始まる、またはアドレスの前に「鍵マーク」が
付いているサイトであれば「http://」で始まるサイトよりも安全に利用できます。

戻る