WindowsでLinux

Windows OS上でLinuxを使用する場合、Hyper-Vなどの仮想化環境にインストールする必要があり、
基本的にデータは、ネットワークを介して受け渡す必要がありました。
しかし、Windows 10 1709(Fall Creators Update)以降とWindows Server 2019から
オプション機能として追加された「Windows Subsystem for Linux (WSL) 」を利用すれば
Linux環境を直接実行できるようになりました。
Windows OSにおける、コマンドプロンプト、Poweshellに続く第3のCUI環境になります。
Xサーバをインストールすることで、GUIでも利用できます。
様々なホームページで紹介されていますので、有効化とインストールについては、
ここでは割愛します。

コマンドプロンプトからLinuxプログラムを実行したり、WSLからWindowsプログラムを
実行できる相互利用が可能なので、パイプやリダイレクトを活用することで利用の幅が
広がり、コマンドプロンプトやPoweshellでは難しかったことを実現する手段として活用
できます。
今まで諦めていた処理や複雑な方法で行っていた処理が簡単に実現できるかもしれません。
一度、試されてみてはいかがでしょうか?

戻る