VR会議

VR会議とは、
VR(仮想現実)に会議室を設け、ヘッドマウントディスプレイを装着した会議出席者同士で行われる会議です。遠隔地同士でも疑似空間での会話を可能にして移動コストの削減や生産性向上などテレワークの推進を図る等のメリットがあります。

遠隔地にいる会議出席者と同じ空間で、その場で会議しているような効果を得る為、会議参加者の顔写真を使用したアバターで表示することも可能になっています。

ちなみに、“VR”に対して“AR”と呼ばれるものもありますが、VRは“仮想の現実”を見せるのに対し、“AR”は現実の世界に映像を重ねて表示するのが両者の違いです。

◆VR会議環境に必要なものとしては、

・VR会議サービス/アプリケーション(もしくはその利用形態)
サービスによって構築された仮想現実には、参加者の身振り手振りがアバターに反映されてリアルタイムで再現されるほか、様々な技法を活用したプレゼンテーションやファイルの共有なども可能となっているようです。

・ヘッドマウントディスプレイ
VR会議用PCに接続するための端子を備え、会議用映像の閲覧可能なものです。

・VR対応PC
インターネットに接続可能なPCが必要です。SaaS(インターネットを介して利用できるソフトウェア)が利用可能な環境であること。

◆次にVR会議を行うメリットとして上げられるのは下記の通りです。、

・移動費用・時間のコスト削減
会議出席者が同じ場所に集まる必要はありません。

・会議の生産性向上
それぞれの分身となるアバターが、ひとつの空間に集合し集中できる。

・働き方改革に対応するための手段としてのリモートワークの活用
現在政府が推進している働き方改革への対応等。

VR会議導入時にはシステムに対応した情報セキュリティ対策も行う必要があります。

※参考記事URL:ボクシル https://boxil.jp/mag/a4579/,
     日経 xTECH https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/05744/

会議での生産性を上げコストを抑える為には従来の会議運営を検討する必要性が高まっています。VR会議の実現により安心・安全な環境のもとで柔軟に働くことが可能になり、生産性の向上やワーク・ライフ・バランスの実現などが期待できます。
今後、検討してみるのはどうでしょうか。

鹿児島頭脳センターでは様々なシステム導入に係る支援や導入時に欠かせない情報セキュリティ対策に関するアドバイス等も行っております。

戻る