第14回 「パスワードの見直し」の紹介

ネットショッピングや様々なホームページを利用する際のパスワードを数字だけで構成していませんか?
8ケタのパスワードを設定する場合,数字だけの構成に比べ数字・アルファベット(大文字小文字区別なし)を使用すると再現できる確率は1/28000未満。
数字・大文字・小文字を組み合わせると1/2183000未満となり,記号などを利用すればさらに飛躍的に再現率は低下します。

パスワードを8ケタとした場合パソコンでの具体的な解読時間は
・英字(大文字、小文字区別無)で構成した場合,約17日
・英字(大文字、小文字区別有)+数字にした場合,約50年
・英字(大文字、小文字区別有)+数字+記号にした場合,約1000年
(独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)2008年報告)
となっています。

セキュリティ対策の必要性がますます重視されている昨今,有効なセキュリティ対策としてパスワードの見直しをされてはいかがでしょうか。

158

 

 

 

 

 

戻る