ついにInternet Explorer 11サポート終了へ

既にIT業界では話題となっておりますが、ついにInternet Explorer 11のサポート終了のアナウンスがMicrosoftの公式ブログにて発表されました。

サポート終了は2022年6月16日(日本時間)まで。

2022年6月まで、各家庭ではMicrosoft EdgeやChromium版ブラウザへの移行が必要です。法人ではInternet ExplorerベースのWebシステムやアプリなどをChromium版ブラウザへの改修が必要となり、対応に追われることが想定されます。

ただ、Microsoft EdgeにはInternet Explorerモードという互換性モードがあります。

Microsoft Edge右上の「・・・」をクリックして、「設定」→「規定のブラウザ」→「Internet Explorerモードでサイトの再読み込みを許可」をonにすることでInternet Explorerモードが可能となります。

 

 

 

 

 

 

 

Internet Explorerモードでサイトを表示する際は、Microsoft Edge右上の「・・・」をクリックして、「その他のツール」→「Internet Explorerモードで再度読み込む」で表示されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

Internet Explorer 11サポート終了まで約1年。

全国的に、いや世界的に対応が急がれるのではないでしょうか。

戻る