第22回 「Windows7について今後のサポートとWindows10へのアップグレードについて」の紹介

MicrosoftからWindows 10に関して米国時間1月21日公式発表がありました。
(引用元:http://www.microsoft.com/ja-jp/news/Press/2015/Jan15/150122_Windows10.aspx

発表を受け大きく報道されている内容は以下の通りです。

●期間限定でアップグレードを無償に
Windows 10は、Windows 8.1、Windows Phone 8.1、Windows 7からのアップグレードに限り無償。
期間はWindows 10の発売から1年間。

●新しいブラウザSpartanを搭載
Windows 10には、新しいブラウザ「コードネーム:Spartan」が搭載されます。
手書きでメモ書きできる機能や、文書読み上げなどを行う音声アシスタント機能の統合などが特徴です。
ただし、現在公開されている「評価版(Windows 10 January Previewビルド)」にはSpartanは含まれて
いない模様ですので、ご注意下さい。

●現在提供されているブラウザInternet Explorerも引き続き搭載
現在も提供されているブラウザInternet Explorer (IE)も搭載される予定です。

以上になるかと思います。

 

発表の1週間ほど前,2015年1月13日Windows7のメインストリームサポート(仕様変更,機能追加等,セキュリティ更新プログラム)が終了いたしました。
2020年1月14日まで延長サポート(セキュリティ更新プログラム)されますので,通常利用には支障がありませんが今後機能追加はありません。
動作や機能の要件,ドライバー等の不都合の有無等をご確認の上Windows 10へのアップグレードを検討なさってはいかがでしょうか。

詳細については引用元マイクロソフトホームページをご確認ください

 

image001

戻る