情報セキュリティマネジメント試験について

今春から開始された国家資格「情報セキュリティマネジメント試験」は、初回の受験者数が17,959名、合格者数が15,800名で、合格率は88.0%だったようです。

「情報セキュリティマネジメント試験」は、不足している情報セキュリティ人材の育成や確保を目的とした試験です。

試験は、春期(4月)と秋期(10月)合わせて年2回行われ、出題は午前、90分、50問、午後、90分、3問の構成になっています。

今回の合格率は高い水準だったようで、次回からは難しくなる可能性もありますが、個人情報を取り扱う方やセキュリティ対策に従事されている方など、自身のスキルの確認、スキルアップを目的に受験してみては如何でしょうか。


20160705

戻る