標的型メール攻撃訓練サービスについて

昨今、ランサムウェアや標的型メールを利用した身代金詐欺やフィッシング詐欺等のサイバー犯罪の被害にあったニュースをよく耳にします。
これらの犯罪の被害者にならないよう対策を行う訓練があるのをご存知でしょうか。

ランサムウェアやフィッシング詐欺等のサイバー犯罪は、メールが入口となることが多いです。
不審なメールの添付ファイルを開いてしまい、パソコンがランサムウェアやマルウェアに感染しデータを人質にとられてしまったり、フィッシング詐欺用のURLに誘導されてしまったりします。

そのために弊社では、「標的型メール攻撃訓練サービス」を行っています。
従業員の皆様が、標的型メールやばらまき型メール等の不審なメールを受信した際に、迅速かつ適切に対応が可能なように訓練を行うサービスです。

当該サービスの目的は以下となります。

・不審なメールかどうかの見極め力を鍛える
・不審なメールを受信したときに、社の規定どおり対応できるかを確認する
・標的型メールやばらまき型メールの最新の傾向を周知する

メールに対するセキュリティ意識を高めたい。事故発生時に適切に対応できるか不安だ。等の懸案をお持ちの方は弊社までご相談ください。

戻る