Windows XP/Office 2003/Internet Explorer 6 のサポート終了

Windows XP/Microsoft Office 2003/Internet Explorer 6 のサポートが,来年の2014年 4月 9日(日本時間)をもって終了となります。

サポート終了まで1年を切り,日本マイクロソフトは特設サイト
http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/xp_eos.aspx
を開設し告知を行っています。

県内でも,サポート終了に対して,今年度中に新しいOSに入替えたり,新しいパソコンに買い換えるなどの対策を実施している企業や自治体もあります。

今回は,サポート終了後も使用し続けることによるリスクについてお話します。

  • サポート終了後も使用し続けるとどうなるの?
     →新しく発見された脆弱性(弱点)に対するセキュリティ更新プログラムなどの重要なサービスが提供されないため,
     ウィルス感染や情報漏洩などの危険性が高まります。
  • ウィルス対策ソフトをインストールしていれば大丈夫?
     →ウィルス対策ソフトは,OSの脆弱性(弱点)は修正しませんので,新しく発見されたウィルスには100%対応
     できません。ウイルス対策ソフト自体もWindows XP に対応しなくなる可能性があります。
  • ネットワークに繋がない状態で使用しても良い?
     →ウィルス対策ソフトをしていないパソコンで使用したUSBメモリなどの外部記憶媒体から,ウィルス感染してしまい,起動できなくなる可能性があります。

ウィルス感染や情報漏洩は,感染した人だけではなく,社会全体に迷惑をかける場合があります。

使用されている環境やコストによりますが,新しいOSへの更新やパソコンの買い換えを検討されることをおすすめします。

戻る