業務で日頃利用しているサーバやパソコンの廃棄やリプレースをお考えの方に

廃棄パソコンにデータが残っていると情報漏洩を引き起こす危険性があります。
また、不要なパソコンを買い取りや下取りに出す場合も同様です。

「面倒だから」といってデータが残ったまま不法投棄すると自分から個人情報を捨てているようなもの。
絶対にやめましょう。
「ごみ箱を空にする」や「パソコンの初期化」をしても、データが残っている場合があります。
必ずパソコン内に保存しているデータの完全消去を行ってください。
データの完全消去を行わないと個人情報などが第三者の手に渡ってしまう可能性があります。

鹿児島頭脳センターでは、利用者の変わりにハードディスク内のデータを安全・確実に消去する『パソコンデータ消去サービス』を提供いたします。
お気軽にお電話ください。

戻る