スマホアプリの有効活用(雨雲レーダー)

今年の梅雨は雨が降り続きますね。
この度の大雨により災害に遭われた方々につきましてはお見舞い申し上げます。

さて、通勤通学の時間帯に雨・・・嫌ですよね。
原付バイクで通勤している身としては、「通勤の間だけでも雨が止んで欲しい」と思ってしまいますが自然には逆らえませんよね。
しかし、そんな私の強い味方!
『雨雲レーダーアプリ』かなり重宝しています。
「これから雨が強くなりそうだ」とか「今なら雨が止んでいる」などが分かり、できるだけレインコートを着たくない私にとっては、まさに神アプリとなっています。

アプリ紹介サイトでは、複数の『雨雲レーダーアプリ』が掲載され、ほとんどのアプリが無料でインストール可能です。
通勤通学だけではなく、洗濯物を干したまま外出しなければいけない時とか、行楽やデートをスマートに楽しむ際にも活用できると思いますよ!

ただ、いつもアプリを活用し雨雲の間をぬって行動していると、レインコートを着たりや傘を持ち歩かなくなり、長雨の時にはその場から動けなくなるということもありますので、お気を付けください。
また、たまに「雨雲レーダーでは雨が降ってないことになっているけど雨が・・・」なんてこともありますので、そこは自然のいたずらということでお許しください。

戻る