SNSなどでの誹謗中傷はやめましょう!

SNS上で誹謗中傷を受けていたとされる有名人がお亡くなりになりました。

SNSなどで誹謗中傷を受けた場合、被害者はプロバイダ責任制限法に基づき、SNSの管理者に発信者の情報開示請求をすることができます。
これまでは個人情報保護との兼ね合いもあり、プロバイダへの情報開示請求は高い壁となっておりましたが、今回の事件があり情報開示請求の簡略化が検討されはじめました。

SNSだからといって誹謗中傷をしていると相手をとても傷つけることになり、その責任は自分に返ってきます。
社会的ルールを守り、正しくSNSを利用しましょう。

戻る