WPA2(無線通信暗号化のしくみ)における複数の脆弱性について

2017 年10 月17 日 IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)HPに
“WPA2における複数の脆弱性について”という記事が掲載されました。
https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20171017_WPA2.html
WPA2(無線通信暗号化のしくみ)とは、無線LAN における通信を暗号化する方法の
ひとつで,現在流通している機器の規格としては主流のもののひとつです。
この脆弱性が悪用された場合、無線LAN の上でWPA2 通信を盗聴される可能性があります。
脆弱性対策が必要となる対象機器はWPA2アクセスポイント(無線ルータ等),無線LAN上で通信しているクライアント(パソコン,Android 端末,iOS 端末)と多岐にわたります。
WPA2アクセスポイント,クライアント毎に対策は異なりますので,安全なWi-Fiの利用のため各製品提供元からの情報をご確認いただき,ソフトウェアをアップデート等の対策をご検討下さい。

WPA2

戻る