テレワークって…本当にいいの?

新型コロナウィルス感染対策として「テレワーク」が注目されています。

「テレワーク」とは,情報通信技術を使って時間や場所の制約を受けずに柔軟に働く就労形態のひとつです。

インターネットに接続できるパソコンさえあれば、会社と同じように自宅や外出先で仕事ができるため、通勤時間が短くなったり、自分の時間を多く取ることができ身体的にも精神的にも楽になると言えます。

 

テレワークでは、場所を選ばないので時間帯に関係なく仕事を行えます。

ただ、そのことで思わず長時間作業に没頭してしまい、オフィス以上の過剰労働になってしまうケースもあるようです。

部屋着のままパソコンに向かうのではなく、着替えて「今から仕事をするぞ」と体にも認識させることで、仕事とプライベートとの境界線をしっかりと区切ること、だらだらとするのではなく、時間を決めて行うなど自己管理が大切なようです。

 

「プライベートと仕事の境界線が決められなそうだなぁ…」という人はオフィスで仕事をしているほうがいいと言えるのかも…しれませんね。

 

 

 

戻る